蒙古襲来、元寇

[3] 名前:名無しさん :2011/11/10 (木) 17:23 No.173

弘安の役の台風の事?
神風と呼ばれた「台風」が来る前に勝敗はほぼ決していた。
台風は7月30日にあったとされているが、そもそも元軍が襲来したのは五月。
つまり二ヶ月間もろくに上陸も出来ず、武士団に追いかけ回され、博多湾上を逃げ続けていたら台風シーズンになったというだけ。
台風が無ければもっと長引いたとは言えるかもしれないが、逆に台風のせいで取り逃がした(元軍にすれば台風のおかげで逃げきれた、逃げる名分が出来た−全滅を免れた)ともいえる。