訃報:小沢昭一さん死去83歳…映画、ラジオ、幅広く活動

[1] 名前:名無しさん :2012/12/10 (月) 14:00 No.81
81.jpg (18KB)
ラジオ番組での軽妙な話芸や一人芝居、芸能史研究でも知られた俳優の小沢昭一(おざわ・しょういち)さんが10日午前1時10分、東京都内の自宅で死去した。83歳。葬儀の日程などは未定。

 東京生まれ。早稲田大在学中に俳優座養成所に入所、のちに俳優小劇場の中心的存在となった。「幕末太陽伝」「豚と軍艦」など数多くの映画に出演、1966年の「『エロ事師たち』より 人類学入門」(今村昌平監督)では、ブルーフィルムの製作者を好演。毎日映画コンクール男優主演賞を受賞した。こすっからく意地悪だが、根は善良な人間くさい庶民という役どころを、哀感とユーモアたっぷりに演じた。

 「見せ物の原点に返る」と、75年に劇団「芸能座」を旗揚げ。82年には井上ひさしらと「しゃぼん玉座」を作り、「国語事件殺人辞典」や「吾輩は漱石である」などの井上作品を上演。一人芝居「唐来参和(とうらいさんな)」は83年から00年まで全国各地で660回演じた。
 ◇「小沢昭一的こころ」1万回

 また73年から始まったラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」は、江戸っ子らしいテンポのある風刺の利いた語りが支持を得て、放送回数が1万回を超える長寿番組に。

 40代になって「芸能の原点」の追究を志し、録音機を携えて日本中を歩き、放浪芸を収集。浪花節、万歳(まんざい)、猿回し、女相撲、ストリップなど従来の学術研究の枠に収まらない芸能の出自や役割を探求し、レコードや「日本の放浪芸」「放浪芸雑録」などの著作にまとめた。

 落語家の春風亭小朝さんの声がけで、10年4月からは、2人を中心とした高座を開始。豊富な芸談や、ハーモニカの演奏、歌などを熱演し、観客を沸かせていた。

 98年に前立腺がんが見つかり治療を続けていたが、12年9月に入院。「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の出演も見合わせていた。

 01年勲四等旭日小綬章を受章、07年「小沢昭一的こころ」などの功績で菊池寛賞を受賞した。
[2] 名前:名無しさん :2012/12/10 (月) 22:17 No.83
小沢が死んだとよろこんでたら ちがう人か・・
[3] 名前:名無しさん :2012/12/10 (月) 22:46 No.84
>>2
オレも最初そう思った。
[4] 名前:名無しさん :2016/10/01 (土) 01:08:40 No.304
ああ一郎ね
[5] 名前:名無しさん :2017/02/15 (水) 21:01:51 No.357
あっちなら良かったのに
[6] 名前:名無しさん :2017/04/05 (水) 22:06:44 No.410
>>2
オレも最初そう思った。 同じく
[7] 名前:名無しさん :2017/05/15 (月) 18:09:34 No.463
春風亭小朝時代劇やらないかな
[8] 名前:名無しさん :2017/06/02 (金) 20:01:15 No.515
寂しくなるな
[9] 名前:名無しさん :2017/07/08 (土) 16:05:28 No.567
小沢一郎もタヒね
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)